株価・銘柄情報

優良株を見極める際に、PBR、もしくはPERを使って判断する手法があります。PBRとは、株価純資産倍率といい、株価を1株当たりの純資産で割ることで出される数値を指します。一般的には、この数値が1倍を割っていると割安と判断され、株を買うにはお買い得と言われています。

一方のPERは、株価収益率を指します。時価総額を純利益で割るというやり方で算出され、業種によって平均のPERは異なります。こちらも指標として有名ですが、違いとして純利益自体がちょっとしたことで大きく変化し、通年で見ていく必要があるという注意点があります。

PBRもPERも優良株を探し、割安な株を見つけるには最適な指標です。ただ、必ず同じセクターの銘柄と比較して割安かどうかを総合的に判断してチョイスし、確実に優良株を買えるようにしていくことが重要です。

また、PBRやPERだけでなく株取引をする時にはチャートを参考にしてより良い銘柄を探していくことが一般的です。では、優良株をチャートで探すときにポイントとなることは何でしょうか。基本的に、チャートで優良株を見つける手段としてテクニカル分析で優良株を見つける手段と、出来高などの要因を探して活発に取引が行われている株を見つけ出す手段と二つあります。一般的に利用されている手段としてはテクニカル分析をして他の投資家よりも早く優良株を見つけることなので、まずはこの基本を知っておく必要があります。

チャートで優良株を発見する時には、何よりもチャートを中心に考えなくてはならないということを理解しておくことです。経済指標やその会社のIRを確認しなくても良い結果を出すことができるのがチャートの魅力なので、使い方を間違えないようにしましょう。

そのほか、情報収集という点では最近は投資顧問が有名です。
どこの投資顧問がおすすめかはあまり詳しくないため、投資顧問の評判や口コミがわかる下記のサイトを参考にするのが良いでしょう。

投資顧問銘柄ランキング
投資顧問会社ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です