一目均衡表とは?

株式投資では数多くのテクニカル分析の方法があります。その多くは単体で使用することがない場合が多いのですが、それひとつでも機能するテクニカル分析があり、それが一目均衡表になります。

一目均衡表は文字通り相場の状態を一目で把握することができるテクニカル分析で、日本人の一目山人が1936年に考案した世界中で人気のテクニカル分析になります。

一目均衡表は5つの指標と雲と呼ばれる指標を組み合わせて見ていくのですが、1つ目は転換線になります。転換線は当日を含む過去9日間の最高値と最安値の中間値になります。

2つ目の基準線は当日を含む過去26日間の最高値と最安値の中間値になります。3つ目の先行スパン1は転換値と基準値の中間値を当日を含む26日先におきます。

そして4つ目の先行スパン2と呼ばれる当日を含む52日間の最高値と最安値の中間値を、当日を含む26日先におき、先行スパン1と先行スパン2で雲と呼ばれる指標を作っていきます。

5つ目は遅行スパンと呼ばれる指標で、当日の終値を当日を含む26日前の遅行スパンとします。遅行スパンとして作成された遅行線は価格の動きと重なっていきます。

そして最後に、先ほどもお伝えした先行スパン1と先行スパン2によって作られた雲ですが、これは文字通り雲のように見えて、形も大きさも様々ですが、一般的にサポートとレジスタンスとして使用されます。

これらを組み合わせて分析をしてくので、様々な分析方法があるのですが、中でも簡単に行えるのが転換線と基準線を考慮した売買になります。

転換線が基準線を下から上へ抜けると買いとなり、その逆は売りというもので、移動平均線で言うところのゴールデンクロスとデッドクロスの要領で分析をしていきます。

このほかにも様々な分析方法があり、一目均衡表はこれひとつでも、相場で勝負ができるほど奥が深いもですので、興味のある方は活用してみてください。

一目均衡表を駆使する投資顧問の評価・評判をチェックする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です