一目均衡表とは?

株式投資では数多くのテクニカル分析の方法があります。その多くは単体で使用することがない場合が多いのですが、それひとつでも機能するテクニカル分析があり、それが一目均衡表になります。

一目均衡表は文字通り相場の状態を一目で把握することができるテクニカル分析で、日本人の一目山人が1936年に考案した世界中で人気のテクニカル分析になります。

一目均衡表は5つの指標と雲と呼ばれる指標を組み合わせて見ていくのですが、1つ目は転換線になります。転換線は当日を含む過去9日間の最高値と最安値の中間値になります。

2つ目の基準線は当日を含む過去26日間の最高値と最安値の中間値になります。3つ目の先行スパン1は転換値と基準値の中間値を当日を含む26日先におきます。

そして4つ目の先行スパン2と呼ばれる当日を含む52日間の最高値と最安値の中間値を、当日を含む26日先におき、先行スパン1と先行スパン2で雲と呼ばれる指標を作っていきます。

5つ目は遅行スパンと呼ばれる指標で、当日の終値を当日を含む26日前の遅行スパンとします。遅行スパンとして作成された遅行線は価格の動きと重なっていきます。

そして最後に、先ほどもお伝えした先行スパン1と先行スパン2によって作られた雲ですが、これは文字通り雲のように見えて、形も大きさも様々ですが、一般的にサポートとレジスタンスとして使用されます。

これらを組み合わせて分析をしてくので、様々な分析方法があるのですが、中でも簡単に行えるのが転換線と基準線を考慮した売買になります。

転換線が基準線を下から上へ抜けると買いとなり、その逆は売りというもので、移動平均線で言うところのゴールデンクロスとデッドクロスの要領で分析をしていきます。

このほかにも様々な分析方法があり、一目均衡表はこれひとつでも、相場で勝負ができるほど奥が深いもですので、興味のある方は活用してみてください。

一目均衡表を駆使する投資顧問の評価・評判をチェックする。

移動平均線とは?

移動平均線とは、株式等投資の対象となる銘柄が上昇中なのか下降中なのかその銘柄の方向性(トレンド)を判断するための分析ツールです。日々の値動きを捉えた「日足」と1週間の値動きを捉えた「週足」のチャートが主に利用されています。

計算方法はいたって単純で、一定期間の終値を単純平均することで算出されます。ここで「一定期間」を何日(何週)に設定するかが問題になります。トレーダーや銘柄によって使用する日数は異なりますが、私たちの生活リズムに合わせた日数がよく使われます。つまり日足であれば1週間(5日移動平均線)と1カ月(25日移動平均線日)と3か月(75日移動平均線)が、週足であれば3か月(13週移動平均線)と半年(26週移動平均線)がよく使われます。

一定期間の終値の平均から算出されるため日々激しく値動きする銘柄であっても一定期間の平均に均された数値がチャート上に描写されるため、その銘柄の大体の動きを把握するのにまず役に立ちます。移動平均線が上向きなら上昇トレンド、移動平均線が下向きなら下降トレンドを示しています。通常2つから3つの移動平均線をチャート上に描写してその銘柄のトレンドを分析しますが、日足の移動平均線より週足の移動平均線のほうがより大きなトレンドを把握するのに役立ち、また平均線の期間が短いほど短期のトレンドを、より長期になれば中・長期的なトレンドを把握するのに役立ちます。

基本的にはは日々の値動き(高値・安値・終値)が各移動平均線の上にあるのか下にあるのか、またチャートの向きが各移動平均線と一致しているかでその銘柄のトレンドを把握し、各移動線の方向が変わり始めたときに売買のタイミングを判断します。

ダブルボトムはどこで買うべき?

ダブルボトムは、相場の底を示すチャートのパターンとして有名です。2つの谷が見られることがその特徴ですが、1回目の谷の場合、急落に値が落ちていく過程によるもので、心理的にはどこまで下落するのかという様子見で見られ、2回目の場合、同じようなところで反発が確認されると、今度はそこが底値なのではないかと投資家などが思い始め、今までの様子見とは一転し、積極的に買い注文が入るようになります。ダブルボトムが見られれば、その時点で買いという人も中にはいます。

そんなダブルボトムですが、2回目の谷から回復する際、最初の谷の回復で跳ね返された値近辺を上回るかどうかが注目されます。この値のことをネックラインと言います。このネックラインを上回るまではまだ様子見ムードが強いものの、これを上回ると本格的に買い注文が入るようになります。ダブルボトムのサインがあったからすぐに買うのではなく、多少の慎重さを持ち合わせたい場合にはネックライン周辺の値動きを確認してからでも十分でしょう。注意点としては1回目の谷より2回目の谷が深い、つまり、最初の谷にあたる値より2回目の谷の値の方が低い場合、たとえダブルボトムであっても注意が必要です。これはまだまだ下がっていくのではないかという心理になりがちで、ずるずる値を下げていく危険があるためです。そのため、1回目の谷より2回目の谷の方が浅いことが大切です。

以上の点からまとめると、1回目の谷より2回目の谷の方が値が高いことを確認しておき、それでも不安ならネックラインまでの値動きをチェックし、ネックラインを突き抜けそうな勢いが見られればそこで買うということをしていけばいいでしょう。

三角保ち合いは買い?

三角保ち合いが買いかどうかというのは、その段階ではわかりません。
売りと買いが拮抗していて株価の値動きがゆるくなっている状況ですから、その後どちらに動くのかは予測がつかない状況だからです。
そのため、この段階ではまだどちらが有利とも言えないものとなっているので、下手に三角保ち合いが買いだと思ってしまうと逆に相場が動いた時に大損をしてしまう恐れもあるのです。

三角保ち合いの状態は買いかどうかはわかりませんが、それが解消されて上に抜けた時というのは明確に買いのタイミングだといえ一度同意付けば株価が大きく伸びるので、このタイミングを逃さないようにすることが重要になります。
三角保ち合いは抜けた後というのはどちらに動くにしても、大きく動く傾向にありますからまだどちらに動くともはっきりしない段階で手を出すと、大きな損失を出してしまうということになるのです。

抜けるタイミングをはかるのが難しいので、早い段階で買っといて下に抜けるようであれば損切りをするという考え方から言えば早めに買っておいても悪いものではなく、下に抜けそうであれば直ぐに損切りをするということを徹底するのであれば買いだといえます。
しかし、それを守ることができずに一度は値を戻すかもしれないとトレードが半端なことになってしまうようであれば、大火傷をおってしまう可能性のほうが高いので三角保ち合いの中ではポジションを持たないほうが賢明だといえます。

三角保ち合い自体はポジションを持つのにあまり適したタイミングとはいえませんが、その後の動きはよくチェックしておきたいポイントであることは間違いなく、動意づきそうな頃はしっかりと相場を監視しておくことが大切です。

>>動意づきそうなテーマ関連銘柄を提供するブログ

ゴールデンクロスとは?

株取引や通貨の売買をする時にはチャートという相場を分析するためのトレードツールを利用することが一般的です。このチャートというトレードツールの中でも、多くの人に利用されている非常に便利なツールに移動平均線というものが存在します。そして移動平均線には、ゴールデンクロスという高い利益を出すことができる非常に便利な現象が存在しますのでこれを理解して取引をすることによって劇的に取引であげることが可能になるのです。

移動平均線というのは、相場の変動をグラフ化してその数値を平均したもののことを言います。本来、チャートの相場はその時々の価格が表示されますので、グラフに表示される指標も点で表示されることが普通です。しかし、移動平均線を利用すると数日や数週間、または数ヶ月単位の相場の平均値を線で捉えることができるようになりますので、現状の価格がここ数日や数週間の平均値と比べて低いのかそれとも高いのかを容易に確認することができるのです。そして、こうした移動平均線によって表示される平均的な値を指標として、現在の相場の適性を見ていくことをトレンドと言います。トレンドを見れば、いつどのような時期に取引を行えば良いのかを簡単に把握できるようになります。

ゴールデンクロスというのは、この移動平均線によって表示した短期のトレンドが移動平均線の長期のトレンドを追い越すことによって出てきます。文字通り、短期のトレンドがグラフで上昇して上に行く時に、長期のトレンドを追い越すことによってクロスしているように見えるのです。この状況では、その銘柄の相場はこれから価値を上昇していくことが予想されますので、この時に取引を行えば大きなお金を手にすることができるようになります。

こうした分析をする時間がない!という方は、投資顧問(投資顧問とは?)を利用するのも検討する価値ありです。