PBRとPERから優良株を見つけよう

優良株を見極める際に、PBR、もしくはPERを使って判断する手法があります。PBRとは、株価純資産倍率といい、株価を1株当たりの純資産で割ることで出される数値を指します。一般的には、この数値が1倍を割っていると割安と判断され、株を買うにはお買い得と言われています。例えば、企業が解散する場合、純資産を株主に分け与えることになり、その際、1株が500円で取引され、1株当たりの純資産が1000円であれば、かなりお得であることが分かります。そのため、PBRが1倍を切っている時には基本的に買いであることがこうした例からも見えてきます。

一方のPERは、株価収益率を指します。時価総額を純利益で割るというやり方で算出され、業種によって平均のPERは異なります。こちらも指標として有名ですが、違いとして純利益自体がちょっとしたことで大きく変化し、通年で見ていく必要があるという注意点があります。例えば、ビルや土地などを資産を売る、もしくは損失を特別計上するなどして純利益が大きく変化することが言われています。これにより、PERは大きく変化します。そのため、その値が適正な物かをまず最初に見極めることが大切です。

PBRもPERも優良株を探し、割安な株を見つけるには最適な指標です。しかし、それ単体で買うのではなく、あくまでどちらも見比べる、もしくはファクターの1つとして、他の指標と見比べながら買うことが求められます。いわばパッと見た時に優良株かどうかを見極めるには最適な指標と言えます。そして、その中から実際に買うものを選ぶ際には、これだけではなく、総合的に判断してチョイスし、確実に優良株を買えるようにしていくことが重要です。